Googleマイビジネスを活用した方が良い理由

Googleマイビジネスを活用した方が良い理由

GoogleMyBusinessとは?

Googleマイビジネスは、Google検索GoogleマップなどGoogle のサービスにビジネスお店などの情報を表示し、管理するための無料のツールです。

開業したら、是非とも早い段階でこのサービスに登録しておいた方がいいです。
無料で登録できますし、簡単に情報を入力できます。
なにより、これからはSEO効果がかなり期待出来るため、店舗型のビジネスを展開している方は登録しておいて損はないかと思います。

これからのGoogle

皆さんご存知の通り、Googleは世界で最も使われている検索エンジンです。
PC版が約90%・モバイル版が約95%と、Googleは圧倒的なシェアを確立しています。
※2019年数値

先日Googleは、すべてのサイトのモバイルファーストインデックスへの移行を2020年9月に開始するとアナウンスしました。

モバイルファーストインデックスとは:サイトの評価基準をPCではなくモバイルにするということ

すごく簡単に言うと、「これからは完全にスマートフォンの時代ですよー!」っていうことですね。
PC版のサイトしか持っていない企業やサービスは、スマホ版に早急に移行することをオススメします。

データでも普及率は一目瞭然

世界推移(総務省)

世界のスマートフォン普及率のデータを総務省が出していましたので見てみると、「スマートフォンは、我が国や先進国のみならず、世界的に見ても爆発的に普及している。」と表現しており、今後も普及率は上がっていくことでしょう。

私が管理するサイトのデバイス割合

デバイス割合

mobile 81.96%
desktop 14.96%
tablet 3.08%

これは2020年3月のデバイスの割合ですが、もう8割がスマートフォンでサイトを閲覧する時代になっています。
ここ数年間でユーザーの環境は、恐ろしい程変化しています。

モバイル ユーザビリティを重視する理由

Google 検索は、目的の情報を求めている人々に最も関連性の高い有益な情報を提供することを目指しています。その理由から、Google では、人々が自分の作業に関連する情報を利用しやすいように、意味のある「クリック後の」エクスペリエンスを確保したいと考えています。

携帯端末からのウェブ トラフィックが世界中で増加しています。また、最近の調査によれば、モバイル ユーザーがモバイル対応サイトに再度アクセスする可能性が高いことが報告されています。そのため、最適な検索結果を提供するためにモバイル ユーザビリティが重要になってきています。

Google Search Console ヘルプより引用

Googleがモバイルユーザビリティを重視する理由として、上記の説明がなされています。

こちらの説明の中に「目的の情報を求めている人々に最も関連性の高い有益な情報を提供することを目指しています。」と記載があります。

要するに、スマートフォンで検索したユーザーの目的を理解し、関連性の高い有益な検索結果を出していきますってことなんです。

「カレー 梅田」で検索すると

MAPキャプチャ

↑スマートフォンで見るとファーストビューがこうなります。
SEOに強い「食べログ」さんが下の方にしか見えません。

ユーザー「近くのカレー屋さん調べよう」
Google「あなたは梅田でカレー屋さん探してるので、近くのカレー屋さんを見つけましたよ。GoogleMapから場所を確認してみてね」

っていうことです。

このキャプチャでいうと「ピッコロ本店」がGoogleMap内の1位を獲得しています。結果として、集客できる可能性は高くなりますよね。

なので店舗型サービスでビジネスをされている方は、検索結果がこういう表示になることを頭に入れておくべきです。
登録がまだの方は、Googleマイビジネスで店舗を登録しましょう。

MEO対策

MEO対策とは、Map Engine Optimizationの略称でマップエンジン最適化を意味する言葉です。GoogleマップにおけるGoogleマイビジネスのローカル検索順位を高め、CV率の高いユーザーを集客するための対策。

Googleマイビジネスに登録することで、上位表示を狙うことができ、MEO対策をも担えるということになります。

また、MEO対策によって検索ユーザーに口コミを記載してもらうことで、サービス利用者の声を反映できます。
顧客に対して優れたサービスを提供し、良質な口コミを獲得できれば、着実に集客やお問い合わせにつながっていくことに、大きな期待ができます。

Googleマイビジネスで抑えておきたい対応

  • 更新頻度を上げる 地域系キーワードを上げるためには少なくとも1ヵ月に2回~3回は更新するようにする。(画像や動画を定期的にアップする)
  • レビューに返信する レビュー(口コミ)が順位を上げる要素ともなるので、なるべくマメに返信した方がいい
  • 被リンクを設置 ウェブサイトでコンテンツ(店舗情報)をアップした後、Googleマイビジネスで被リンクを登録 ※ウェヴサイトを質の高いサイトにしているとより影響度が高い

上記の対応をしっかり行い、継続して管理していくことが集客率を高めるひとつの方法となるのは間違いないでしょう。

サイトの流入を増加させたいならSEO対策は必須

MEO対策は今後重要にはなってきますが、そうはいってもSEO対策は今後もかなり重要です。
スマートフォンの普及率は上がり、デジタル化が進んでいる昨今では無視することはできません。
まずは、自社のウェブサイトをビックワードで上位表示させることができるように、長期的な対応を講じるべきだと思います。

SEO評価の基準は、ユーザーにとって有益なコンテンツかどうかで判断されます。
ユーザーにとって有益なウェブサイトを作成していれば、必ず評価されるはずですので、辛抱強く頑張りましょう。

最後に

デジタル化が進んだ先に、世界はどうなっていくのか、どうあるべきなのか、が分かりやすく書かれていますので、興味がある方は読んでみてください。