【メンズコスメ】正しい洗顔方法知ってる?それ間違いかも

【メンズコスメ】正しい洗顔方法知ってる?それ間違いかも

おじさんになってから美容にはまっているKennyです。
30歳を過ぎると急に老化が加速してきませんか?代謝が落ちたり、二日酔いが続いたり、すぐ息切れしたり、肌が劣化してきたり!
そう、老けて見られるようになってしまうのは、「肌の劣化」もひとつの原因なのです。
出来れば年齢を重ねても素敵だなと思われ続けたい、そう思うのは僕だけじゃないはず。

見た目が素敵な男性というのは、客観的に自分を見れる人、すなわち、外見に気を遣える人なんです。
体系維持や洋服もそうですが、その中でもスキンケアはかかせません。

なにもしないと、毎日やっている、のでは後から雲泥の差が出ますので早期対策が望ましいです。

男性が肌を気にしだすのはいつから?

男性が気にし出すのは40歳前後といわれています。ふと鏡を見たり、同窓会に参加したりしたことなどをきっかけに、「急にシワが増えたなあ」と。東洋経済の調査では、男性の顔データを収集して平均した「標準顔」を出しても、肌の防御機能が衰えてくる30代から40代にかけて初期老化が急に進んでいたことがわかっています。

生活習慣や喫煙の有無なども関係してきますが、まずは基礎のスキンケアを正しいやり方で毎日を過ごすことが、最善の策ではないかなと思っています。

男性の皮脂分泌量は女性の約3倍

皮脂

こちらは男性と女性の皮脂の分泌量のデータですが、男性の方が圧倒的に皮脂の分泌量が多いことが分かります。
また、女性は年齢を重ねるごとに減少していきますが、男性はさほど減少しません。
この分泌量の多さが原因で、顔がアブラっぽく見られたり、ベタつくことになります。また、しっかり洗顔をしないと皮膚に皮脂が溜まり、黒ずみやニキビの原因になりますので、しっかり洗顔はした方が良いです。

皮脂(ひし、英: Sebum)は、皮脂腺から分泌される脂肪などを含むエマルション様の液体である。

皮脂腺の腺細胞が内部で合成した分泌物を多量に蓄積した後、細胞全体が崩壊することによって皮脂腺内腔に放出される。つまり、皮脂は皮脂腺細胞の崩壊物全体からなる。毛穴の内面に開く皮脂腺開口部から皮膚表面に分泌され、皮膚や体毛の表面に常に薄い膜状に広がり、物理的、化学的に皮膚や毛髪を保護、保湿する役割を果たしている。また、これに含まれる脂肪が皮膚の常在菌により分解されることで生じる脂肪酸によって皮膚の表面は弱酸性となり、これが病原菌などを排除する機能も持つ。

皮脂は思春期になると性ホルモンの影響を受けて分泌が活発になり、毛穴内面の角質の増大によって速やかに毛穴の外に放出されることが妨げられると、毛穴内に角質とともに蓄積してにきびが発生する原因となる。
参考URL(Wikipedia) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%AE%E8%84%82

皮膚を傷つけずに汚れを落とす洗顔4ステップ

僕自身、結構顔に黒ニキビが出来てたりすると昔から潰してたりしたので毛穴が広がっている状況で、今はかなり「綺麗になる」ことを意識して洗顔するようにしています。
少し皆さんとは違った方法かもしれませんが、毛穴が少しずつ小さくなって、黒ずみも減って来ているので参考にできるところは取り入れてみてください。

①顔を洗わずお風呂に入る

以前まで、お風呂に入るとまず頭を洗って、洗顔して、体を洗って、湯船に浸かる。
という順番でしたが、今は頭を洗って、体を洗って、湯船に浸かるという順番です。
理由としては、お風呂の温かさで「毛穴を広げたい」から。
なので一旦、顔以外の部分を洗うようにしてます。

②湯船から上がり、顔を拭いてからクレンジングする

クレンジングって女性がするものじゃないの?って僕も思っていました。
クレンジングを使うことの理由とは洗顔にプラスすることにより毛穴汚れを落とすことができるということ。メンズ洗顔料はかなり洗浄力が上がってきていますが、毛穴の奥の汚れまではなかなか落としきれません。そんな時にクレンジングを使って洗顔をすると毛穴の奥にたまった頑固な毛穴汚れ、黒ずみをすっきりと落としてくれるため僕はこの工程を洗顔に取り入れています。
ちなみに今使っているクレンジングオイルは、常にレビューが高いこちらです。

③しっかり泡ネットで泡をたてて、包み込むようにして顔全体になじませる

今まで洗顔クリームを手にとってゴシゴシ洗っていましたが、一番やってはいけないことでした。
力の具合が強すぎると、

  • 角質だけでなく、皮下組織までダメージを与えてしまう
  • 肌が乾燥しやすくなり、バリアー機能が失わる
  • バリアー機能が低下するため、赤みや黒ずみの原因になる
  • にきびを余計に悪化させ、陥没の跡を残してしまうこともある

一瞬、こすった行為が、一生の跡を残してしまう可能性がありますので、絶対にゴシゴシ洗うのだけは止めましょう。

泡があれば皮膚の汚れに付着して、勝手に綺麗にしてくれるのでゴシゴシ洗う必要はありません。
泡も、より濃密な泡を生み出す洗顔フォームが望ましいのですが、ドラックストアで売っている安価なものでも問題ないですが、少し値段がするものは高濃度で成分がしっかりしているものが多いのでそちらもおすすめします。
僕はこちらを使っていますが、少しの洗顔料ですごく泡立つのでとても良いです。

④清潔なタオルでしっかり拭く

これは意外と重要かもしれません。
以前まではバスタオルって基本的に毎日洗っていなかったのですが、使用したタオルの雑菌繁殖力を聞いてから毎日洗い立てのタオルを使うようにしています。

洗い立てのタオルにも雑菌は約19万個程度おり、1回使用後には1,700万個、3回使用後には8,700万個、1週間後には1億個以上に繁殖するといわれている。その雑菌の数は、バスタオル3回使用後で雑巾並み、1週間後には一般家庭の排水口並みになる。

せっかく洗顔した顔を、雑菌まみれのタオルで拭くのは言語道断です。
清潔なタオルでしっかり拭くようにしましょう。

そのあとはしっかりスキンケアすることをお忘れなく!
スキンケアの記事はこちらでご紹介してます。

【メンズコスメ】男性用化粧水を20年使ってきた男(敏感肌)が本当におすすめする化粧水

最後に

男性って結構ガサツなので(僕は典型的なガサツタイプ)、洗顔も時間をかけずに終わらせる人が多いと思います。
ただ、早い段階から丁寧にケアしてあげることで、年を重ねても若い肌年齢を保てるので、印象は良くなるかと思います。

めんどくさがらずに、是非今日から試してみてください。
きっと、やっていて良かったと思える日が来ると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。