闇金からの借金は返済する必要ないの?返済しないとまずい?

闇金からの借金は返済する必要ないの?返済しないとまずい?

・闇金からの電話が鳴りやまない
・いくら支払っても返済が終わらない
・借金を家族や職場にバラすと脅される

といった、闇金業者からの嫌がらせ被害にひとりで悩んでいませんか?

生活が苦しくて消費者金融から借りてたけど、それでも生活が難しくなって、闇金に手を出す。
闇金は利子は高いですが、条件も緩いため貸してくれる場合が多いので、にっちもさっちもいかない状況であれば手を出してしまうかもしれません。

しかし、闇金に手を出してしまうと、返済の蟻地獄に陥ってしまうことになります。

利子がバカ高いので、毎月の返済は利子分の支払いのみ、みたいなことはざらです。

闇金は、裏社会の方と繋がっている場合が多いので、返済の催促もそういった方々が家に来ることもあるし、連絡がひっきりなしに来ることも多いですよね。

「闇金から借りてしまった。人生終わった、、、」

と思ってしまうかもしれませんが、そうでもありません!

なぜなら、「闇金からの借金は、返済する必要がない」からです。

そうとは知ってはいても、家族や職場に知られたくないという理由で、誰にも相談できず支払い続けていませんか?

今すぐ闇金業者とは手を切りましょう。

そんな時に安心して頼れる司法書士事務所があるので、是非参考にしてください。

【公式】闇金レスキューのアストレックス司法書士事務所

 

 

司法書士法人アストレックス

司法書士が闇金業者と即日交渉してくれる、全国対応の司法書士法人が『司法書士法人アストレックス』です。

司法書士とはとは、専門的な法律の知識に基づき、登記、供託、訴訟その他の法律事務の専門家として、国民の権利を擁護し、自由かつ公正な社会の形成に寄与することを使命とする国家資格である。また、法務大臣から認定を受けて簡易裁判所における民事訴訟などにおいて当事者を代理する業務も行う。弁護士・弁理士・税理士・行政書士・社会保険労務士・土地家屋調査士・海事代理士と共に職務上請求権が認められている士業の一つである。
※参照元:wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B8%E6%B3%95%E6%9B%B8%E5%A3%AB)

『司法書士法人アストレックス』は、闇金問題専門の司法書士が法的に解決します。

闇金業者からの取り立てや嫌がらせを止めさせ、その後のアフターフォローまで親身にサポートしてくれます。

解決実績豊富な司法書士法人アストレックスが、あなたの力になってくれます。

 

 

司法書士 川崎純一氏のご挨拶

違法な金融業者、いわゆる闇金融と呼ばれるところからお金を借りてしまうと、そのようなところからお金を借りるのが悪い、と自分自身を責められる方がいます。しかし、それはそのようなところからしかお金を貸りられない経済状況に追いつめられたからであって、自分から好き好んで闇金融にお金を借りる人などいません。
あなたは悪くありません。

闇金の問題は必ず解決できます。

今、あなたが過酷な取立や社会的な偏見にさらされ、今後の人生の見通しが立たず、精神的に追いつめられているのであれば、一度当事務所に相談してみてください。
あなたが納得いくまでご相談に応じ、将来への希望をもってもらえるまで真摯に向き合います。

あなたが新しい明日へ一歩踏み出せるお手伝いができれば幸いです。

 

 

司法書士法人アストレックスは闇金問題に悩んでいる人の味方

です。

あなたに代わって闇金業者と交渉し不安を即日解決してくれます。

そもそも、闇金からお金を借りると、

・出資法や利息制限法に違反する、非常に高い金利を要求する。
・闇金が要求する金額を期限までに振り込まないと、ひっきりなしに電話をかけてきて、乱暴な言葉で支払いを強く求めてくる。
・「家や職場に行くぞ」「家族に払わせるぞ」等と脅してくる。
・一社から借りると、他の複数の業者から勧誘の電話がかかってくるようになる。

などが、一般的な被害としてあります。

そして乱暴な取り立てを行うので、恐怖に怯える毎日となります。

闇金にお金を借りてしまって、こういった日常を送っている方はすぐに、司法書士さんにご相談ください。

 

 

闇金は法律違反です

闇金は、出資法に違反して高い利息で貸付を行う者や、貸金業法で義務付けられている「貸金業登録」をしないで貸金業を営むなどの違法行為を行う者です。
出資法第5条2項により貸金業者が貸付を行う際の金利の上限は、年利20%と定められており、これを超えた高金利で貸付を行う者には刑事罰が科されることになります。

また、貸金業法により貸金業を営もうとする者は、行政への登録が義務付けられており、無登録での営業行為は禁止されています(貸金業法第3条、第11条、第47条)。そのため金利の多い少ないを問わず、無登録で貸金業を行っている場合には闇金融として刑事罰が科されることになります。

以上のことをまずはご理解した上で、今の状況を冷静に判断し、解決へ向かって行動しましょう。

自ずと、まずはなにをすべきか見えてくるはずです。

 

闇金は、犯罪です。

 

 

オススメの記事

CTA-IMAGE 新型コロナウイルスの治験ボランティアで「負担軽減費」という形で金銭が受け取れます。