【感染対策】月額11,000円(税込)で非接触型体温計・サーマルカメラを設置できる!

【感染対策】月額11,000円(税込)で非接触型体温計・サーマルカメラを設置できる!

こんにちは、日頃自宅で仕事をしていて、お昼もほぼ自炊するので、家に一日中いることが多い筆者です。

外に全く出ないなんてことはざらにあります。(なので確実に運動不足です)

身体を動かす機会があまりないので、食事には大変気を遣っているので太ることはないようにしています。
どうでもいいですが、筆者のゆるいダイエットで-7kgを実現できた内容に興味がある方はこちらからご覧ください。

【ダイエットvol.6】毎日体重を測ることはダイエット成功のカギ

話が大きくずれてしまいました、申し訳ございません。

新型コロナウイルス感染症の感染者がまだまだ減少することがない状況です。
緊急事態宣言が沖縄県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、京都府、兵庫県、福岡県、北海道、宮城県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、岡山県、広島県といった具体に多くのエリアで実施されることになりました。(2021年8月26日時点)

引き続き、店舗を構えている企業や個人の方は、感染対策に余念がありません。

筆者の知り合いで、お店を構えている人がいるのですが「来店制限をかける基準が難しいし、万全の対策を取ろうと思うとお金がかかるし、営業時間短縮で来店者は減るしかなりきつい」と言っていました。

まず、発熱している人の来店を制限するだけで感染リスクがぐっと減るので、この対策をどうするか話していましたが、「スタンド型の非接触型体温計が望ましいけど高い」という結論になって会話は終わりました。

本当にそうなのか自分で調べてみると確かに高いものが多いんですね。。
でも、なんとか力になれればと思い、少し時間を使って調べてみました。

すると、レンタルプランで月額11,000円(税込)で利用できるサーマルカメラがあったので、みなさまにもご紹介します。(もちろん知人にもすぐに紹介しました)

【公式】月額11,000円(税込)でレンタルできる国内ブランドのサーモスタンド

 

 

非接触型体温計『サーモスタンド』とは

『サーモスタンド』は、非接触型体温計・サーマルカメラの国内ブランドです。
新型コロナウイルスの感染拡大防止に貢献する為、

・日本語による自然なアナウンス
・素早い検温
・正確な検温(±0.3度)
・スタイリッシュなデザイン
・PCからデータ閲覧

など、あらゆる利用シーンを想定して開発されました。

飲食店、病院、保育園、工場、ホテル、旅館、イベント会場、会社など、従業員の多い会社や、不特定多数のお客様が集まる場所で多く利用されています。

 

 

こんな悩みがある方にはおすすめ

筆者の知人も同じような悩みを抱えており、まずは「発熱しているお客さまをお店にいれない」ことを徹底したいということでした。

職場のウイルス対策を確実にしたい

マスクをつけていない・感染対策をされていないお客様への注意ができずに困っている

一人一人の体温測定が大変

担当者が入り口に立って、一人一人体温測定をするのは大変だし、感染リスクが怖い

検温システムは高い

体温測定用のカメラはシステム施工・設置するのが大変でコストがかかって導入できない

費用が高いというのが最大のネックだと思うのですが、『サーモスタンド』は新型コロナウイルス関連の補助金を使った購入プラン、
飲食店様には少額から利用できるレンタルプランなど、購入プラン・レンタルプランを組み合わせた提案をしてくれるので費用面での大きな心配はありません。

【公式】サーモスタンド|1日500円からの非接触型温度計・サーマルカメラ料金プラン

 

 

補助金・助成金について

『サーモスタンド』は、国や県・各自治体で実施されている助成金・補助金事業となる可能性があります。
助成金・補助金になることを保証しているということではありませんが、そういった国のサポートを受けることができる可能性があるということは、コストをかけたくない事業者にとってはすごくメリットです。
※申請作業を代行することはないので、ご不明な点は助成事業実施者に直接相談ください。

≪『サーモスタンド』の無料見積もりはこちら≫

【公式】サーモスタンド|1日500円からの非接触型温度計・サーマルカメラ活用事例

お客さま目線だと『サーモスタンド』は安心する

お店に入る方々は、基本的に全員が体温を測って来店していることになって、発熱していたらアラートが出て入店できないようになるので、同じ空間にいる人が体温測定をクリアしているというだけで、すごく安心します。

逆に『サーモスタンド』が店頭になくて、お客さんがそこそこ入っているお店などには心理的に入店しずらくなりますので、こういう状況でもお店に足を運んでくれる貴重なお客さんを逃すことになるので機会損失となりますよね。

お店側としても、クラスターが出ないように神経を削らせて感染対策を行っているので、非接触型体温計を置いて自ら来店者が体温を測れるのはリスクと体温測定の手間の軽減に繋がります。

お店側にとっても、お客さんにとってもメリットになるので、コスト面で導入を止めていた方は、是非一度『サーモスタンド』のお見積りを取ってみてください。

≪『サーモスタンド』の無料見積もりはこちら≫

そこから導入を検討しても良いかと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

オススメの記事

CTA-IMAGE 新型コロナウイルスの治験ボランティアで「負担軽減費」という形で金銭が受け取れます。