平均100万円の保険料が下りる?『お家の保険相談センター』で災害時の火災保険金を調査

平均100万円の保険料が下りる?『お家の保険相談センター』で災害時の火災保険金を調査

梅雨時期になると、全国各地で自然災害が発生し多くの方の命が失われる報道がある度に、心を痛ませています。

2021年7月3日(土)に梅雨前線に伴う大雨によって、静岡県熱海市伊豆山で土砂崩れが発生しました。
現段階でも行方不明者は10名以上にのぼり、懸命な捜索が続けられています。

急な土砂崩れなんて、その家に住んでいる限り、避難すること以外避けることは不可能です。

それくらい自然災害というのは急に発生しますし、年々災害による被害が増加しています。

災害発生推移

増減はありつつも徐々に被害額・発生件数ともにアベレージが上がっているのが分かります。
インフレを加味しても被害額が増加傾向にあることは間違いありません。
特に目立つのは1991-1995と2011-2015の被害額が突出していることですが、これはいうまでもなく、1995年の阪神・淡路大震災と2011年の東日本大震災がその原因です。

なので、いつでも自分が災害の被害に合う可能性があることを重々理解した上で日々の生活の中で、備えや火災保険を検討する必要があります。

また、過去に災害にあったけれどそれが「火災による被害」ではなかったので保険を適用していない、という方は多いのではないでしょうか?

しかも火災保険は、平均100万円の保険料が下りるのをご存じでしたでしょうか?
※築5年以上の一戸建ての場合。金額は地域によってばらつきがあります。

せっかく加入している火災保険を、いざという時に利用しない手はありません。

今回はそんな時に、火災保険金を受け取れるまでアドバイスやサポートをしてくれるサービスをご紹介します。

【お家の保険相談センター】台風・大雪・地震の物件被害調査プログラム

 

 

『お家の保険相談センター』とは

『お家の保険相談センター』は、無料での実地調査から見積書の作成、保険会社とのやり取りのアドバイスなど、お客様が正当にもらう事のできる保険金をきちんと受け取るお手伝いをしてくれるサービスです。

そもそも、風や大雨、雪などの被害でも火災保険金が下りる事をご存知でしたか?

「一見被害のないように見える家を含め、築5年以上の一戸建てで平均100万円の保険金が下ります」
※金額は地域によってばらつきがあります。

現在、火災保険の加入物件は全体の約8、9割ほどと言われておりますが、火災保険金は火災が起きた場合にしか下りないと思っている方が非常に多いというのです。

実は、約9割の火災保険は、火事以外の台風、大雨、雪などの自然災害による被害にも適用できるんですね(筆者も知らなかったので目から鱗が落ちました)。

そして台風や大雪の被害とは、普段、お住まいの方でも気づかないような目視で分かりにくい軽微な被害が全体のほとんどを占めておりるんです。

その為、申請すれば受け取れるはずの保険金をもらいそびれている方がとても多く、一見被害が何もないように見える家でも築5年以上の一戸建ての約70%以上で、平均100万円ほどの保険金が下りているようです。

また火災保険の場合、自動車保険などと違って等級制度ではないので、保険金が下りた後に月々お支払いする保険料は一切変わりません。

ん?月々の支払が変わらない??それって適用しないのもったいなくない?

って思いました。単純に、何かあればすぐ適用した方が良いのが火災保険なのですね。(デメリットがない)

そして下りた保険金の使用用途には保険会社とお客様の契約上も法的にも制約がないため、あらゆる自由な支出に使っても問題ないので、すごく自由度の高い保険なのです!

 

 

火災保険って個人で申請することは厄介なの?

そもそも申請しなければ保険金を受け取ることはできませんので、その申請段階でネックとなる理由を調べました。

①被災箇所を探す為に、ハシゴなどを使って屋根に登って調査しなければならない
②傷が被災によるものか経年劣化によるものかの判別が必要
③被災箇所を適切な角度で写真撮影する必要がある
④申請可能な箇所を見落としてしまうリスクがある
⑤被災箇所が、具体的にいつどの災害によって生じたものかを特定しなければならない
⑥被害に見合った適切な額の見積書を作成しなければならない
⑦保険会社・鑑定人とのやり取りを正確に行わなければならない

め…、めんどくさい。
申請しようと思っても、これだけ厄介なことがあれば諦めてしまいそうになりますよね。

上記のような課題がある火災保険を個人で申請するのはとても困難で、申請できたとしてもフロー内で曖昧・適切でないポイントがあると、申請が却下されてしまったり、本来支払われるべき保険金が減額されてしまったりする事も多いようなのです。

『お家の保険相談センター』は、無料での実地調査から見積書の作成、保険会社とのやり取りのアドバイスなど、お客さまが正当にもらう事のできる保険金をきちんと受け取るお手伝いをしてくれるので、全面的に任せることができるから安心なのです。

 

 

火災保険を利用してみませんか?

年々災害が増える中で、お家の被害が少なからず発生しているお家があるかと思います。

「少しの被害だからいいか」「申請めんどくさそうだからまた今度にしよう」などで火災保険を適用しなかった方、『お家の保険相談センター』に全てを任せて保険金を受け取りませんか?

その後の保険料も上がりませんし、保険料も自由に使えるので相談してみる価値はあるかと思います。

皆様の参考になりましたら、幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【お家の保険相談センター】台風・大雪・地震の物件被害調査プログラム

オススメの記事

CTA-IMAGE 新型コロナウイルスの治験ボランティアで「負担軽減費」という形で金銭が受け取れます。