【治験ボランティア】国内のコロナワクチンを打って、お金がもらえる方法(高収入)

【治験ボランティア】国内のコロナワクチンを打って、お金がもらえる方法(高収入)

「自分が新型コロナウイルスのワクチンを打てるはいつになるのだろう」と漠然とした不安がある筆者です。

新型コロナウイルスのワクチンに関して、様々な国で色々な憶測や陰謀説が飛び交っていて、結局打った方がいいのか打たない方がいいのか悩んでいる方も多いかと思いますが、個人的にはワクチンは打った方が良いと思います。

ワクチンを打っても新型コロナウイルス感染症に(非常に低い確率で)感染するリスクはあるようですが、高い有効性はイスラエルや英国など各国で確認されています。

また、万が一新型コロナウイルスに感染した場合、重症化するリスクと後遺症が残るリスクがとても低くなることも立証されていますので、個人的にワクチンは打つべきだと思いますが、海外製のワクチンというのが少し抵抗がありますよね。(やっぱり日本人ならmade in japanじゃないと的な)

国内で生産されるワクチンは接種までに時間がかかるし、どうすれば国内のワクチンを打てるのだろうと思っていたら、唯一の方法がありました。

国産ワクチンの治験ボランティア」です。

 

 

しかも、治験なのでお金がもらえるんです。
コロナワクチンを接種できて、お金ももらえる治験ボランティアがあったんです。

国産コロナワクチンの治験ボランティア

そもそも「治験」というのは、病気に効果があり、人に使用しても安全と予測される「くするの候補」を患者に使ってもらい効果や安全性などを確かめる試験です。

日本国内では、大手製薬会社にて国産ワクチン開発が進められており、国産ワクチン開発は最重要課題です。
日本政府は、国産コロナワクチンの開発を最重要課題としており、多額の予算投じて後押ししています。

コロナワクチンの治験ボランティア-予算

多額の予算を投じていますが、国内でコロナウイルス開発が遅れている原因の一つは、

「治験ボランティア不足」

なのです。

そんな日本国民が待ち望んでいる国内ワクチン・治療薬の開発に協力できるのがこちらの治験ボランティアなのです。

 

 

コロナワクチン治験ボランティアの対象

治験は「コロナワクチンを接種していない」全ての方が参加でき、現在、治験ボランティアとして以下のような方々を募集しているようです。

■コロナウイルスに感染したことがない健康な方
■感染時に重症化しやすい基礎疾患をお持ちの方
■過去にコロナウイルス陽性となり、回復された方

今回ご紹介しているボランティア治験は、国際的なルールに則り、安全に行われます。(薬事法や厚生労働省が定めた規則に則って、決められた条件によって選ばれた医療機関が厳格に行います)

また、参加後に途中でやめることも出来ますので、不安な方も参加しやすい内容になっています。
※治験に参加する前に医療機関から参加する方にメリット・デメリットを丁寧に説明してくれます。参加後にやめても、まったく不利益はありません。

国産コロナワクチンの治験ボランティアのメリット

■「負担軽減費」という形で金銭がもらえる
支払い金額は治験内容によって異なるようですが、数万円程度の支払いとなる予定のようです。

■新型コロナワクチンをいち早く接種できる
国が進めるワクチン接種は、受けられるタイミングの見通しが立たない状況ですが、治験に参加すれば、申込から最短で2週間語~接種できます。

これらのメリット、非常に有難いと思うのは筆者だけでしょうか。

お金もらえて、早くワクチンが打てるんですよ。しかも国産ワクチン。
副作用に不安がある人もいるでしょうが、日本政府が認めているものなのでそこは安心して参加できると思います。

それでも不安という人でも大丈夫です。

「治験はは初めてで不安…」という方には、治験についての心配事やリスクを事前にしっかりと説明してもらえます。
不安や疑問点を解消した上で治験に参加できるのでご安心を。

日本国民が待ち望んでいる国産ワクチンの開発にぜひみなさんも協力しましょう!

 

国産コロナワクチンの治験モニターの流れ

①応募アンケートに回答
新型コロナウイルスに関する簡単なアンケートに回答する

②条件が合う治験を紹介
応募完了後、条件が合う試験を「生活向上WEB」より案内してくれます。(必ず案内してくれるとは限りませんのでご了承ください。)

③治験参加のための詳細アンケートに回答
治験に参加するための詳細条件を確認するアンケートに回答する

④初回来院に参加
医療機関より治験について詳しく説明や問診を行う

⑤初回来院の結果により、本試験参加可否が決定
医療機関の判断や本人の意向を踏まえ、参加可否が決まります。

⑥本試験に参加
全日程終了まで協力する

国産コロナワクチンを打ってお金(高収入)をもらおう

これまでも「治験」というのは高収入で有名でしたし、その分倍率が高かったです。(筆者は応募するも一度も採用されたことがありません)

一度の治験で数十万もらえるようなものをあるため、応募者が殺到するんです。

ただ、今回のこの「国産ワクチンの治験ボランティア」は、そもそも人材が不足しているんですね。

諸条件をクリアすれば参加できるので、応募者殺到で参加できないなんてことはありません。

しかも、国産ワクチンを接種できてお金もらえるなんてこんなに条件の良い治験はないと思います。

是非みなさん、日本国民が待ち望んでいる国産ワクチンの開発に協力しましょう。

善は急げ。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【生活向上WEB】コロナワクチンの治験ボランティア募集中

オススメの記事

CTA-IMAGE 新型コロナウイルスの治験ボランティアで「負担軽減費」という形で金銭が受け取れます。